| ONLINE SHOP | INFORMATION | ABOUT touta. | PRODUCT | MAIL |     

NAPUKIN

 

+ touta.の布ナプキン

- 布ナプキンの使い方

- 布ナプキンのお洗濯とお手入れ

- 布ナプキン Q & A

- 布ナプキンをはじめてお使いの方へ

 

+ コラボレーション

+ 製造・品質・素材

 

 

touta.は、主宰ユーゴによるキュート・ハッピィ・ラブ・ピィース!!をテーマにした創作活動です。
LOVE & PEACE  since2003

布ナプキン Q & A

Q.布で、もれないの?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A.まずは量の少ない日や、お家で過ごす日から始めてみてください。量の少ないときは薄いものを使い、多いときや心配なときは、厚手もしくは組合わせるなど試してみて下さい。使っていくうちに、こういう布だとこれぐらい吸収するんだな、こういう布はこれしか吸わないんだな、と自然にわかるようになります。多いときや替えられないときは厚めにしよう、少ない時は薄いので十分だなとか、慣れてくると自分のサイクルがわかってきますよ。

Q.テープでとめなくて、ズレませんか?

A.布は、布どうしの摩擦により、意外とズレないものなんですよ。ハンカチーフタイプなど固定しないものの場合は、自然なつけごこちに付けているのを忘れてしまい、ショーツを下げたときにうっかり落としてしまうということも。短いものより、長さがあるものが付けていることに気づきややすいのでオススメです。慣れるまでは、 ちょっと気をつけて、ゆっくりショーツを降ろしましょう。

Q.清潔なんですか?

A.ショーツなど、下着と同じように、きちんとお洗濯していただければ安心です。ただし、血液・体液を含んだものは、ちゃんとお洗濯して管理することが基本。「お洗濯とお手入れ」を参考に、しっかり洗って、干して、乾かしてくださいね。もし、臭いが気になるときは、殺菌効果のあるアロマオイルやハーブを用いる他、草木染めや煮沸消毒も効果的です。合成繊維など、煮沸に合わないものや、何度もくり返すことにより生地を傷めることがありますので、素材を確認してから行ってくださいね。草木染めはシミにも効果的です。

Q.血の付いたものを洗うのに抵抗があるんですが……

A.はじめは戸惑うかもしれませんね。けれど、もとをただせば自分の身体の一部。自分で洗うことにより経血量や色を把握することができるので、セルフチェックにつながります。いままで気づかなかった、自分の月経のようすが実感できて、意識が変わりますよ。

Q.取り替えるタイミングは?

A.慣れないうちはこまめにトイレに行き、経血の量や浸透の具合を目で見て、 替えどきをチェックしましょう。防水シートなどが入った一体型のタイプが安心かもしれませんが、初めのうちは、どこまで浸透しているか把握することができるシンプルなタイプのものが、おすすめ。 自然とタイミングがつかめてきます。また、量が少ないときは、折り返して肌にふれる部分をキレイな面にすることができるハンカチーフナプキンが、繰りかえし使え便利です。

Q.夜でも大丈夫?

A.意外にも、量が多いときこそ安心。布はきちんと吸収してくれるので、伝いもれの心配が少なく、寝ている間も十分吸収してくれます。長いもの、もしくは長いものがなければ前後に重ねて長くするなど折り方や重ね方を工夫してみて下さい。もちろん量の多いときは、厚めにしてくださいね。安心感だけでなく、あったかくて気持ちもいいですよ。おすすめなのは、くるくると巻く、パイプ巻き。お尻にはさみ込むようにすると、ずれることもなく、朝までぐっすりです。

Q.外出のときも使えるの?

A.捨ててくるということに慣れていると心配ですよね。でも、布は使った後は持ってかえるのがあたりまえなので、お友達のお家や、他の人の仕事先によくお邪魔する方は、逆に気をつかわなくなったという声も。また、外を出歩く仕事や接客業など、長時間トイレに行けないという方も、厚手のものをあてておけば、何度もトイレに行って変えなくて済むので布の方がラクだったとか。うっかり忘れたときもハンカチなどでしのげてホッとしたという声もありました。

Q.モコモコしませんか?

A.使い捨てのナプキンやタンポンになれていると、やっぱり気になりますよね。でも、布は身体のラインになじむので、思うほどはた目には目立たないものです。逆に、あたたかいことの方が嬉しくて、モコモコしても全然気にならなくなるかもしれません。わざわざ、生理中に白のスキニーパンツやタイトなミニスカートをはかなくても、ワンピースを重ね着するとか、いつもと違うおしゃれを楽しんでみては。生理中の数日間ぐらい無理しないで、自分の身体に優しくしてあげてもいいですよね。

Q.何枚くらいそろえればいいの?

A.生理期間中ずっと布ナプキンだけで過ごす場合、10〜15枚程度あると余裕で使い回せます。でも、製品をわざわざ買わなくても、お家にあるタオルやハンカチでも手軽に使えます。布ならなんでも布ナプキン、ぜひ色々な布をナプキンにしてみてください。

Q.どんなショーツが合いますか?

A.布どうしの摩擦でずれにくい、綿のショーツを合わせるのがおすすめです。化学繊維の表面がツルツルしたショーツでは、ナプキンが滑ってずれてしまうことも。生理用のショーツも防水加工が施されているため、ずれだけでなく、ムレも心配。また、ショーツの形は、なんでもOKですが、ぴったりしたものの方がズレにくいので安心です。Tバック派の方は、むしろキュッとおさまってズレない、と言っていましたよ。

Q.何年くらい使えるの?

A.お持ちのハンカチやタオルと同じように捉えていいと思います。ですが、ブラジャーやショーツと同様に、素材・形状・縫製・構造はものによりますし、洗い方、使用方法、交換頻度、シミの妥協範囲、すぐに捨てる方、長く愛用される方など、個々に感じ方や扱い方も違いますので、ご自分が納得のいくまで思う存分お使いいただければ、と思います。

Q.生理以外でも使えるの?

A.ぢ、尿もれに使っている方もたくさんいるんですよ。ぢのために使い捨てナプキンを使う男性は多いのです。個室トイレで使い捨てナプキンを交換するときのカサカサ音が気になるので布を使ってみたという方は、座ったときにクッションがあるので痛みが緩和したそうです。吸収力もあるので、出血して下着に付くという不安が解消し、症状が軽減したという方もたくさんいらっしゃいます。また、尿もれにお使いの方は、くしゃみをしたときなど、少し不安というとき、布ナプキンをつけていることで安心できるそうです。

Q.経血をコントロールできるってほんと?

A.気づくと、トイレに行ったときにまとめて経血が出るようになり、ナプキンにつく血液量が少なくなったという方がたくさんいらっしゃいます。布の場合、経血を確認することができるので、それまで意識していなかった経血を意識できるようになるからでしょう。 膣の入り口をキュッとしめる感じで意識してみるといいですよ。

Q.気をつけたほうがいいことはなんですか?

A.気持ちよく使っていくためにも、自分専用とし、自分でしっかり洗いましょう。また、こまめに交換しましょう。洗濯前の物やつけ置きの水を、他の人が誤ってふれるような場所に置かないようにしましょう。洗濯中の水は周りに飛び散らないように排水溝へそっと流し、洗濯が終わったあとは周りをきれいにしましょう。そして、太陽光でしっかり乾かしてからしまいましょう。なお、発疹・かゆみ・カブレなど、気になる症状が現れた場合は、 ただちに使用をやめて医師にご相談ください。また、血液媒介性感染症の方、可能性のある方は、医師の指導のもとにご使用ください。

 

 

→ 布ナプキンをはじめてお使いいただく方へ...

| ONLINE SHOP | INFORMATION | ABOUT touta. | PRODUCT | MAIL |     
Art Direction,Design and Build by U5. Copyright(c) 2013 touta. All Rights Reserved.